The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

クールダウン

さすがに手を触れられない温度の HDD はまずいので、なるべく冷却する方向で検討。

この HDD が入っているリムーバブルケースは、背面に 4cm 角のファンをつけられるようになっているので、これを装備するのが手っ取り早いと判断。ついでなので、4本ある IDE ケーブルに加え FDD ケーブルを含めた全5本のフラットケーブルをすべてスマートケーブルに交換することに決定。

早速具材を調達しに電器屋へ行き、以下のようなものを購入。

・4cm 静音ファン

・ATA133 スマートケーブル(ドライブ1機用)×2

・ATA133 スマートケーブル(ドライブ2機用)×2

・FDD 用スマートケーブル

・「ダイポルギー」制震シート(148x190mm)×2

・グラフィックチップ用 3.8cm ヒートシンク

・VRAM 用ヒートシンク(4個入り)

・ケーブルを引っかける金具

スマートケーブルは以前 ATA100 対応とある安物を買ったことがあるが、実際に挿してみると Promise の BIOS に「そのケーブル品質悪いんちゃう?最高速は出せへんで」と言われたことがあるので、ちょっと高めのやつを選択。占めて 15,000 円。

4cm ファンの効果は絶大で、ちゃんと「あったかい」程度に温度上昇を抑えてくれています。これで安心。

GeForce2MX の方は今まで三洋のファンがついていたけどヒートシンクに交換。ゲームをやらなくなったので、チップのオーバークロックもしなくなり、そこまで冷やす必要もなくなったのでした。

「ダイポルギー」は古くてやかましい HDD の底と 3.5inch ベイの目隠しパーツの裏に貼ってみました。だまされたと思って買ってみたのですが、思ったより静かになりました。

Leave a Reply