The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

ブラウザの進化と共に(1/2)

私がインターネットを利用し始めた 1997 年頃、主流のブラウザといえば Netscape でした。

HTML のバージョンも 2 とか 3 とかで、CSS の規格はあったかもしれませんがサポートされていませんでした。

そのころから比べると、ブラウザの表現力は飛躍的に向上し、また本来の Web ページの閲覧という枠を超えて多機能になっています。

私も当初は Netscape ユーザでした。

当時はもっぱら学校の端末室(PC ではなくて X 端末が並んでいたので「端末室」なのです)でネットサーフィン(死語)をしていました。

X 端末というからには、UNIX 環境を使っていたわけです。GUI なブラウザの種類も今より少なかった当時、Mosaic ではいくらなんでも時代遅れでしたから、Netscape を使わざるを得なかったと言う方が正しいかもしれません。

UNIX ばかりでなく、Windows の世界でも Netscape の方がメジャーな時代でした。

Netscape は有料でしたが、メーカー製 Windows PC には大抵バンドルされていたので、わざわざ買ったという人はあまりいないでしょう。

Internet Explorer も 2.0 くらいのが入っていましたが Netscape と比べると表現力は雲泥の差。まともに使った覚えがありません。

Leave a Reply