The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

ADVANTECH PCA-6151 へ FreeBSD をインストールする

PCA-6151 は、ちょっとひと癖あるので時々ハマります。ここでは、私が FreeBSD をインストールしようとしてハマった経験から、その注意点を紹介します。

今回のハードウェア構成

・M/B : ADVANTECH PCA-6151

・RAM : EDO SIMM 64MB

・HDD : Seagate ST340015A (40GB)

・CD-ROM : MITSUMI FX5400W

・NIC : 3Com EtherLink III

なお、FreeBSD のバージョンは 4.9-RELEASE を用いました。

ブート設定

CD-ROM ドライブから起動できるように BIOS を設定します。

BIOS のチェック画面で DEL を押して BIOS の設定画面に入り、まずはドライブを正しく認識させるために、”STANDARD CMOS SETUP” に入ります。とりあえず Drive C、D の設定をすべて “Auto” にしておきます(図1)。

図 1 : ドライブの設定を

図 1 : ドライブの設定を “Auto” に。MODE もお忘れなく。(クリックで拡大)

今度は “BIOS FEATURES SETUP” へ入ります。 “Boot Sequence” を “CDROM,C,A” に変更して、保存終了。(図2)。

図 2 : BIOS 設定画面(クリックで拡大)

図 2 : BIOS 設定画面(クリックで拡大)

インストールの注意点

さて、インストール自体は普通に行えば良いのですが、 PCA-6151 では DMA が有効だと時々 PANIC します(少なくともウチの環境では)。特に、諸設定が終わっていざ CD-ROM から HDD へ転送という時によく固まって進めなくなるので、もし同様の症状が発生したら、ブート時に DMA を無効(PIO モードへ)にしておきます。

ブートストラップが走り始めてすぐに、 “Hit [Enter] to boot immediately, or any other key for command prompt.” というメッセージが出て数秒待ちますので、ここで Enter 以外の適当なキーを押すとプロンプトを出して一旦止まります(図3)。

図 3 : bootstrap loader のプロンプト(クリックで拡大)

図 3 : bootstrap loader のプロンプト(クリックで拡大)

ここで、

set hw.ata.ata_dma=”0″

と入力すると、PIO モードで動作するようになります。

boot

でブートを続行させます。

その後の設定

インストールに成功したら、起動時に PIO モードになるよう設定します。/boot/loader.conf に以下の行を追加します。

hw.ata.ata_dma=”0″

これで、安定して動作するようになります。

Leave a Reply