The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

USB PC to Serial Cable

こんなのを買ってみました。シリアルポートの無い PC でも USB 経由でシリアル接続できる、USB to RS232C bridge とでも呼ぶべき製品です。

MM1 でシリアルが使えるように前々から狙っていたのですが、身近なお店では5千円くらいするんで手が出せずにいました。しかし、そこはさすが Amazon さんです。3,380 円はヨドバシ.comより安い。さくっとカートに放り込みましたとさ。

で、今さらシリアルなんて生やしてどうするの?と言われそうですが、サーバ管理者としてはあると何かと便利なんですよ。

たとえば FreeBSD がファイルシステムエラーなんかでシングルユーザモードでしか立ち上がらなくなってしまったときには、ネットワークが使えないので直にコンソールからログインする必要があるのですが、サーバなんで普段はモニタはおろかキーボードもつなげてなかったりするんですよねぇ・・・。ただ fsck コマンド1つ打つためだけにこれらをつなぐのはなんかすごい億劫。

そんなときシリアルコンソールが有効になっていれば、別の PC を端末としてリバースケーブルでつなぐだけでログイン可能に。モニタとキーボードの問題が一気に解決です。すばらしい。

で、そんなナイスな環境にするための設定はココに記しました。

端末側は、Windows なら TeraTermPro やハイパーターミナルで COM ポート(番号はデバイスマネージャで調べましょう)に接続。PC-UNIX なら cu コマンドあたりを使いましょう。

Leave a Reply