The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

とにかくつないでみるテスト

*冷却ファンと光学式ドライブが最良の状態で動作するように、Mac miniは一番上に置いてください。とりあえず Mac mini への拡張といえば USB か Firewire。Firewire 機器はあまり持っていませんが、USB 機器ならいろいろ余ってますから片っ端から挿して遊んでます。そして、使えないものがほぼ無いに等しいことに驚くのでありました。

ディスクユーティリティ:マウントされている様子今日は、メインの Windows PC でお払い箱にされた LG の DVD Super Multi ドライブ(HL-DT-ST DVDRAM GSA-4082B)を USB 外付け 5 インチベイ経由でつないでみました。ドライブをつないだだけでは画面上の変化はありませんが、試しに DVD-R メディアを突っ込んでみたらどういう操作をするか訪ねてきた。試しに ADC からダウンロードした Xcode Tools 2.1 のディスクイメージ(約 800MB)を書き込んでみると難なく成功。なんとあっさり使えてしまいました。

調子に乗って DVD-RAM メディアに交換。UDF フォーマットだと読み込みのみの対応の様なので、MS-DOS フォーマットで初期化してみるとファイル単位で書き込めました。でもこのディスクを Windows PC に突っ込むと「フォーマットされていません」とか出るので、Windows 側で FAT32 フォーマットで初期化して Mac に持ってきてみるとちゃんと読み書きできました。これで Mac と Win に自由に行き来できるメディアの完成です。

というかですね、これで早くも私の Mac は SuperDrive に対応してしまいましたよ。Mac mini の “switch” コンセプトは間違ってないと思いました。まだまだ楽しませてくれそうです。

One Response

  1. 弧月@管理人 より:

    ああっ、画像が1個行ってない!

Leave a Reply