The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

ぴええる多気

日曜日に納屋の掃除をしていたら古いマンガがたくさん出てきました。

大方は忘れてしまっていたようなものばかりだったのでそのまま廃棄・・・でも実は、所有したマンガを手放すのはこれが生まれて初めてなんです。なけなしの小遣いで買ったマンガは宝物でしたからね。今はマンガなんて読み切れる程度なら好きなだけ買えてしまいます。まぁ、こういうところに、大人になって無くしてしまう「大切な何か」は宿っていると思うんですけど。

さて、そんななか部屋に持ち帰ってきたマンガもあります。

幽遊白書

とりあえずこれは捨てられなかった。というか持ち帰って早速読み始めたら止まらないのなんの。仙水が出てきたところでふと時計を見たら午前2時・・・。まだ大人にはなりきれてないことを図らずも再認識する羽目になってしまいました。

他には・・・天野こずえの代表作「浪漫倶楽部」と短編集「夢空界」(当然、今出てるリニューアル版じゃないガンガンコミックス版のやつ)とか、伊東岳彦老師の傑作「宇宙英雄物語」のリニューアル版全巻とその元版であるコンプコミックス版の1、3巻(当時すでにこれしか手に入らなかった)とか、あと少々。一般的に見れば微妙なラインナップですが、私にとっては思い入れのある作品ばかりをピックアップしておきました。もっとも、残されなかったその他の作品は輪をかけて微妙だったことは言うまでもありませんが。

そんなこんなで、ノスタルジックなマンガを加えてあふれかえりつつある本棚を今度は片付ける必要がありそうです。

Leave a Reply