The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

Windows 2000 + PC-9821 + USB キーボード

無事に動き出した PC-9800 版 Windows 2000。至って快調ですし思っていたより軽い。もっと早く入手すればよかったなぁ・・・。

さて前にも書いたとおり、うちの PC-9821 V16/M7 には USB 2.0 インターフェースが増設してあり、延長タップ替わりの(本体が机から遠いところに置いてあるので)USB HUB を経由して、Logicool Optical Wheel Mouse と Happy Hacking Keyboard Lite2 (JP) をつないでいます。

ところがこの HHKB(というかほかの USB キーボードでもたぶん同様ですが)、PC-9800 版 Windows 2000 では「HID 準拠デバイス」とは認識されるもののキーボードとして認識されません。いわゆる USB 106 日本語キーボードのドライバは PC-9800 版 Windows 2000 環境には入ってないみたいです。

そこで、ググって見つけたサイト様を参考にドライバを適用してみました。

要約すると、

1.PC/AT 版ディスクからキーボードドライバの INF ファイルを持ってきて展開

2.INF ファイルをインストール

3.USB キーボードをつなぐと USB キーボードとして認識される

ということだそうです。

ただ、これだと英語配列になってしまうことがあるようなので(私のもそうなった)、

4.いったん PS/2 106 キーボードのドライバに更新

5.再び USB 106 キーボード、または NEC USB 109 キーボードのドライバに更新

の手順を踏むと日本語配列になるんだそうな。そのかわりキーボードポートにつながってる純正キーボードの方は配列がおかしくなったり、動作しなくなったりしてしまうそうです。まぁ、どちらかが使えるなら問題はありませんが・・・。

One Response

  1. あやね より:

    AT互換機でもUSBキーボードが101として認識されるってありますけど、それの対処法と同じですね。
    嫁のコンパックキーボードは再インストールするたびに同じ症状になってます。
    で、
    http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/trouble.html#971
    ↑を参考にいつも直してます。
    2つある方法の2つめを使用してます。

Leave a Reply