The Blue of Cool Breeze – ver12.0

Icon

2次元空間における人物の写像及び心情的付加情報の投影技法に関する研究

NANA DVD

NANA DVD Special Editionついに、NANA の DVD が 2006 年 3 月 3 日に発売されます!

いろいろおまけが付いた Special Edition とシンプルな Standard Edition の2パッケージ。私は Special の方を予約しました。Amazon.co.jp にはまだ並んでないみたいなので Y! ショッピングで。

あと楽しみなのは Custom Made 10.30 なのですが、いつ頃になるのかなぁ・・・。

Amazon 続巻アラート(or 予約)

という機能があったら良いなと思いませんか?

シリーズものの本(コミック、小説など)の場合、次巻の発売を気にとめていなければならないのはめんどくさい。けど発売されたらすぐに読みたい。そこで、次巻の発売が決まったらメールで通知してくれるとか、あるいは法が許せば自動的に予約→購入→発送までできてしまうような仕組みを是非作って欲しいとずーっと願っているのです。

ときどき「アマゾンのおすすめ」をチェックしていると、いつの間にか発売されてて買い逃してるコミックや CD が結構あるんですよね。あるいは近所の本屋さんで発見してそこで買ってしまったりとか。ただ、コミック単発で送られてくると送料がかかってしまうので、買い物かごに入れるところまで自動で、購入の手続きは自分でできるとか。脳内で勝手にシステムが完成しつつあるくらい待ち望んでます。

というかですね、キーワードでアラートを設定することくらいはできてもいいのでは。Yahoo! オークションみたいに。キーワードを設定しておけば、該当する商品が発売されたときに通知される。とりあえずはこれでも良いです。いつごろできますか早く実装してください。

Amazon で立ち読み

Amazon.co.jp で書籍の本文検索と立ち読みが出来るようになりましたね。

プログラミングの技術書なんかを買うときは、今現在直面している技術的問題を解決できる書籍であるかどうかが焦点になってくると思います。そういうとき、索引からたとえば “getElementsByName” とか知りたいキーワードを実際に引いてみて、引きやすいかどうか、解説が理解しやすいかどうか、用例などが充実しているかどうか・・・を確認し、気に入ったら買う、というプロセスを取りませんか?

実は、本文を「読める」ことと「検索できる」ことが同時に可能になったことは、この点から非常に重要なのです。どっちかだけだと、この「購入に至るための立ち読み」の感覚は再現できない。ただの暇つぶしの立ち読みなら「読める」だけで十分なんですけどね。

これ、もちろん全文読めるわけではないのですが、しかし技術書って何百ページの中で必要なのは数ページだけで、それだけの為に買わざるを得ない時も多いですよね。もしたまたま知りたいページが立ち読みできてしまったら、買わずに済ませてしまうんだろうなぁ。

MT の崩壊と奇跡の復活

サイトのデザインが MT3.2 のデフォルトになってしまったのには訳があります。

MT3.17 から 3.2 へのアップグレードに失敗しました。どうやらユーザ名に全角文字を使っていたことが原因のようで、アップグレード後、mt.cgi がエラーで使えなくなってしまい管理不能な状態に。エントリのバックアップなんぞ取っていません。ああ、もうだめだ。

しかし Berkeley DB の db/ ディレクトリの中身が残っています。そうさおいらにはまだ力が残っているぜ。残されたファイルからのサルベージを試みました。

Read the rest of this entry »

このサイトのアクセス状況は?

このサイトがさくらのレンタルサーバに越してきてから1年と2ヶ月くらいが経ちました。

おかげさまで、こんな駄文メインで更新もまちまちなサイトですが、結構なアクセス数を頂くまでになりました。

さくらのレンタルサーバでは、Webalizer でのアクセス解析を見られるようになっています。これによると、トータル PV は今月に入ってから 15 万 PV を超えたところ。先月の月間 PV も2万4千と過去最高を記録しています。訪問数ベースでもトータルで7万近く、先月の訪問数が1万3千です。ただし、これらは検索サイトのボットなんかの数も含まれているので、当サイト上のアクセスカウンタよりはかなり多い数字になっています。

アクセスカウンタの方は、Mozilla、Opera、w3m、Lynx のいずれかの文字が User Agent に含まれていることを大前提に、さらにアクセス元のドメイン名で明らかにボット系のいくつかのものは弾いています。さらに同じ環境からの連続したアクセスや、私の自宅からのアクセスはカウントしていませんので、普通のアクセスカウンタより若干正確に(逆に言えば厳しく)カウントしていると思います。

それはさておき、じゃぁどの記事に人気があるのかというと、MM1 の分解記事premini-II の購入レポートがダントツ。MM1 の記事に関しては、いくつかのサイトでも「詳しくはコチラ」みたいな感じで取り上げられていて、ちまちま写真まで撮って記事にした甲斐があるというものです。

まぁ、そんな感じでこれからもぼちぼち役に立つのかどうか微妙な記事を書いていきますのでどうぞよろしくお願いします。

面白いじゃん

NANA (1) / 矢沢あい

前に「映画版の中島美嘉のヴィジュアルにやられた!」と書いた NANA ですが、実は原作2巻の途中までしか読んでませんでした。で、「よみたいよー・゚・(ノД`)・゚・」と言っていたら妹が借りてきてくれました! できた妹で兄ちゃんはうれしいぞ。・・・いやありがとうごめんごめん痛いって。

で、その妹は「大して面白くないよ」と言っていたのですが・・・面白いじゃん! 今6巻ですけど。奈々のテンションにつられてすごい勢いでここまで読みました。うう、これは映画の DVD 出たら買わなきゃなぁ。

内容としては、人間関係とか恋愛とかが2つのバンド+αの中でごちゃごちゃに・・・。まぁ実際こんなことになってたらこの場は修羅場なのが普通じゃないかと思いますが、一部を除いてみんな大人のようです。なんだかんだで結構楽しくやってるシーンが多い。全員が奈々やノブと似たり寄ったりだったらマンガのジャンルがホラーサスペンスになりかねませんよこれ・・・。

あ、Black Stone ってほんとにあるんですね。(コメントありがとう!)

そんな感じで、続きは明日にしよう。幽遊白書の二の舞を見事に踏んだ私なのでした。

ぴええる多気

日曜日に納屋の掃除をしていたら古いマンガがたくさん出てきました。

大方は忘れてしまっていたようなものばかりだったのでそのまま廃棄・・・でも実は、所有したマンガを手放すのはこれが生まれて初めてなんです。なけなしの小遣いで買ったマンガは宝物でしたからね。今はマンガなんて読み切れる程度なら好きなだけ買えてしまいます。まぁ、こういうところに、大人になって無くしてしまう「大切な何か」は宿っていると思うんですけど。

さて、そんななか部屋に持ち帰ってきたマンガもあります。

幽遊白書

とりあえずこれは捨てられなかった。というか持ち帰って早速読み始めたら止まらないのなんの。仙水が出てきたところでふと時計を見たら午前2時・・・。まだ大人にはなりきれてないことを図らずも再認識する羽目になってしまいました。

他には・・・天野こずえの代表作「浪漫倶楽部」と短編集「夢空界」(当然、今出てるリニューアル版じゃないガンガンコミックス版のやつ)とか、伊東岳彦老師の傑作「宇宙英雄物語」のリニューアル版全巻とその元版であるコンプコミックス版の1、3巻(当時すでにこれしか手に入らなかった)とか、あと少々。一般的に見れば微妙なラインナップですが、私にとっては思い入れのある作品ばかりをピックアップしておきました。もっとも、残されなかったその他の作品は輪をかけて微妙だったことは言うまでもありませんが。

そんなこんなで、ノスタルジックなマンガを加えてあふれかえりつつある本棚を今度は片付ける必要がありそうです。

た、民生?!

ゲームボーイミクロの CM で木村カエラ嬢が出てくるバージョン!

もう何が言いたいかおわかりですね?

そう民生!民生の曲のみならず本人までもが!

ていうかこの曲がひょっとして新曲なのか〜?

ちなみにカエラ嬢の着てるTシャツ、”CUSTOM MADE” って書いてありますね。

ずっと白 PSP とミクロどっち買おうか迷ってましたがこれで決まりです。・・・まぁ今お金ないので当面先ですが。

人型ロボットだったのか。

苦節

こないだ mixi に誘われてようやく SNS デビューを果たしました。

なんかこの類いに縁のない私。Gmail も誘われません。

そんなことはどうでもいいのですが、いざ mixi に入ってみるとなんかなつげーHPっぽいですね。逆か。mixi は直接の友達のつながりが見える点が大きな違いですが、全体的なシステムはよく似てる。

とりあえず日記用 MT の整備をしないといけないかな。デザインが思いつかないのでまだ手つかずです。

about me

HN:弧月いう

たまーに絵を描きます。

詳しくは、
http://iddy.jp/profile/yukogets

http://www.hatena.ne.jp/yukogets/
をごらんくださいまし。